Sigmarion IIIでBetaPlayer[mobile]
(2004-08-09 01:43:34) by comWee


<画像:DVC00092.jpg>

大容量のメモリカードを購入したことで、一番やってみたかったのは、Sigmarion IIIを使用してのモバイルビデオプレイヤー。
今までも、256MBのSDカードとPocketMVP for Sigmarion IIIでモバイルビデオを楽しんでいたが、データサイズが大きくなるとモタつくことや、そもそも大きなデータを格納するストレージを所有していなかったことで、いまいち本格的に楽しめないでいた。

今回、Sigmarion IIIで脅威の再生品質を実現していると評判のBetaPlayerと、512MBのSDカードの組み合わせで、「使える」モバイルビデオプレイヤーになりそうな予感。

まずは、TK-BLOGさんとこのBBSこのスレを参照に、BetaPlayerを日本語化。
そしてBetaPlayerがSigmarion IIIでどの程度の性能を発揮するのか、ベンチマークを。
ソースは、BetaPlayerのページにある「Matrix Reloaded」の予告編。
直リン↓

  • RL_HQ 20.9MB 640x352 24fps 1024Kbit/s 2-pass DivX

    BetaPlayerの設定は...


    ...とした。

    ベンチ結果は以下。

    BetaPlayer バージョン 0.04 ベンチマーク結果

    ファイルパス \CF memory Card\RL_HQ_640x352_1024_128.avi
    平均スピード 101.09%
    ビデオ フレーム数 3635
    オーディオサンプル数 6675840
    データサイズ 21333 KBytes

    再生時間 2:29.814
    再生フレームレート 24.26
    再生サンプルレート 44561
    再生データレート 1.2 Mbit/s

    元の再生時間 2:31.448
    元のフレームレート 24.00
    元のサンプルレート 44100
    元のデータレート 1.2 Mbit/s

    ...平均スピードが、100%を超えている。
    VGAに近いサイズのDivXムービーが、ほとんどコマ落ちなく再生されている。
    評判どおり、Sigmarion IIIとBetaPlayerの組み合わせは、非常に高性能なモバイルビデオプレイヤーと言える。

    ここまで再生品質がいいと、もっと活用したい、と思うのだが...
    新たな問題もいくつか浮かんでくる。

    まずは、バッテリの問題。
    動画再生はマシンに高い負荷を与える。
    バッテリの消耗は激しく、駆動時間も短くなる。
    予備のバッテリを確保するべきか?
    ...このために予備バッテリを用意なんて無駄遣いじゃないかな?...なんて(^^;

    そして、ソースの準備の問題。
    DivX動画のエンコードには、長い時間がかかる。
    高性能なCPUを搭載したマシンならその分エンコードも早くなるが、ウチのエンコ用マシンはたった1GHz...。

    ...こうしてあれこれ考えているのが、楽しい時間ではあるが(^^


    次の記事へ >
    < 前の記事へ
    TOPへ戻る

    Powered by
    MT4i 3.0.6