X24、思い出に変わるとき[mobile]
(2004-08-18 01:52:33) by comWee


<画像:DVC00101.jpg>

前回のエントリーで、情報収集の結果マザーが死んでいそうな雰囲気が濃厚だったわけだが、今回、死因を確認するためにX24の解剖を試みてみた。
素人がバラシを行ったところで、どうにかなるとは思っていないが...少なくとも、使える部品の回収はできるだろう。

すでに修理依頼する気も失せた。
購入時に延長保障に加入していなかったのがわかって、修理費が全額負担になるため。
問い合わせたわけではないが、かなりの高額であると思われる。
近いうちに新しいマシンを調達するつもり(財政係の嫁さんの許可は、一応おりた^^;)で、X24は検死解剖を受けることになった。

で、分解した写真がこれ。
ここまで分解するちょっと前にもう一度電源を入れてみたが、CPUファンすら動作していなかったことが判明。
こりゃ、マザーかCPUが原因かなぁ...。

分解して、使えそうな部品を外していく。
HDD、メモリ、miniPCIカードは再利用できそうなので取り外しておく。
筐体やキーボードユニットも、i1620とほとんど同じデザインだから流用できそうだが、ビス穴等の違いがあり、使い回しはできないらしい...。
残念...。

X24と過ごした1年半の月日が、走馬灯のように蘇る。
そして、そういえばここ最近、常にCPU稼働率100%で運用する機会が多かった(GNOを立ち上げると、100%になってしまう)ことを思い出す。
長い間、高熱にうなされていたんだな...

お疲れ、X24。
ゆっくり休んで下さい...


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.6