PocketDivXEncoderでモバイル向け動画を作る[mobile]
(2004-08-21 02:52:04) by comWee


<画像:img04082101.gif>

Sigmarion IIIでの脅威の再生品質、そしてCASSIOPEIA E-2000でも実用に耐える性能を見せたBetaPlayerだが、これを生かすには動画のデータが必要だ。

「いつの間にか、自分のPCに大量のDivX動画が入っていました」

という人ならともかく(笑)、まずは自分で動画データを用意しなければならない。
そこで活用したいのが、フリーのDivXエンコーダ、PocketDivXEncoderだ。

高機能なエンコーダはたくさんあるが、より手軽に、必要最小限の機能を使ってDivXデータを作成するには大変有効なソフトウェアだ。
ここでは、手持ちのDVDビデオディスクからPDA用のDivX動画を作成してみる。

まずは、DVDビデオのデータをPCのHDDにバックアップ。DVD Shrinkなどのソフトを使ってリップしておく。
DVD Shrinkの使い方については、以下のサイトなどが非常に参考になる。

  • DVD Backup Guide

    PocketDivXEncoderのGUIは、ほとんどの設定が一画面で行えるようになっている。
    必要な設定項目を入力し、「Direct Encoding」ボタンを押せばエンコードが開始される。
    日本語版が存在しないのが残念な点だが、設定項目は簡単なので、迷うことも少ないだろう。

    PocketDivXEncoderの設定については、モバチキさんのこのページに詳しい情報があり、非常に参考になる。
    エンコードには時間がかかるが、マシンパワーに依存するので、気長に待とう。

    初心者に敷居が高いのが、ビットレートの計算だろう。
    かくいうcomWeeも、エンコードの際にどの程度のビットレートにすれば希望のファイルサイズになるのか、いつも悩んでいる。

    もちろんビットレートの計算式ってものが存在する。

    サイズ計算式:
    サイズ(MB) = ビットレート(kbps)×再生時間(秒)÷1024÷8

    ビットレート計算式:
    ビットレート(kbps) = サイズ(MB)×8×1024÷再生時間(秒)

    これが理解できていれば問題ないが、正直面倒だ...と思っていたら、ビットレート/ファイルサイズ相互計算プログラムを見つけた。

  • - Bit Rate Calculator - ビットレート計算機 Ver1.00

    これで、希望通りピッタリのビットレート、ファイルサイズ計算ができる(^^
    完成した動画データを再生してみると...当たり前だが滑らかに再生され、非常に満足(^^

    最後に一応書いておくが、このエントリーは違法行為を助長するものではない。
    特にDVDビデオのリップなどはグレーな話題だが、あくまで個人で楽しむことを目的に、自己責任で実践していただきたい。


    次の記事へ >
    < 前の記事へ
    TOPへ戻る

    Powered by
    MT4i 3.0.6