高齢者福祉

« ラジオ放送、丸ごとPC配信――同時配信実験、3月15日スタート | メイン | 看護研究、院内発表 »

2010年02月25日

■ 音楽を楽しむために使うサービス1位はYouTube テレビ上回る

音楽を楽しむために使うサービス1位はYouTube テレビ上回る - ITmedia News
 日本レコード協会が2月25日に発表した「2009年度 音楽メディアユーザー実態調査」によると、過去半年間に音楽を楽しむために利用したサービスの1位はYouTubeで、テレビを上回った。
 昨年9月2~7日に、全国の12~69歳の男女5024人に対してWebで調査した。
 YouTubeを利用したと回答したのは全体の49.6%とほぼ半数。2位のテレビを5.5ポイント、3位のカラオケボックスを7.5ポイント上回った。ニコニコ動画は23.9%だった。
 今後利用を増やしたいという回答が最も多かったのは、コンサート・ライブなど生演奏で30.6%。次いでYouTube(28.8%)、テレビ(18.1%)だった。
 過去半年間にCDを購入した人は36.8%。レンタルは25.1%、有料音楽配信サイトは12.1%が利用。CD購入、レンタル、有料配信のすべてを利用していたのは4.5%、有料配信のみは2.0%だった。
 有料音楽配信サイト利用者は、年代別では30~40代が最も多く、シェアは全年代の34.5%。中学生から20代の社会人が29.2%、50~60代が16.3%だった。着うたフルも30~40代が最多で44.7%。中学生から20代の社会人が43.2%、50~60代が12.1%だった。

販売者側としては、テレビで宣伝するよりもYouTubeに流したほうがよっぽど効果的ですよ、ということね。

それにしても面白い調査結果だった。
音楽鑑賞はすでに若い人のものじゃなくて、CDが200万枚、300万枚当たり前に売れていた頃に青春時代をすごした世代(現在30~40歳代)の余韻で回っている印象だなぁ。
自分もその世代の人間。


YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]

ソフトバンククリエイティブ 2006-12-16
売り上げランキング : 150424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools