高齢者福祉

« GNO3 - 12月7日、ベータテスト再開らしい | メイン | ヘッドフォン欲しい »

2009年12月06日

■ マウスのつかみ方について

メインマシンでは長らくトラックボールを使っていた自分にとって、マウスはサブマシン=モバイルマシンの携行性優先デバイスという位置付けだった。

自然と筐体の小さなマウスを選んでいたし、そのためにマウスのつかみ方もいわゆる「つまみ持ち」になっていた。

今回、メインマシンでマウスを選ぶにあたり、この「つまみ持ち」に適したマウス、つまり小振りなマウスを選んでしまったのも経験からの必然と言える。

現在使用しているダーマポイントのタクティカルマウスは、有線ハイエンドマウスとしては小さなボディの持ち主。そして、そのマウスを使っている今も「つまみ持ち」で操作している。

今後、マウスの使用時間が長くなってくるにつれてマウスの持ち方を変える時が来るかもしれない。
「かぶせ持ち」に適したマウス、すなわち大柄なマウスの魅力的な製品が現れれば、あるいは持ち方の変更は近いかもしれない。


シグマAPO DHARMAPOINT タクティカルマウス ブラック DRTCM03BKシグマAPO DHARMAPOINT タクティカルマウス ブラック DRTCM03BK

シグマA.P.Oシステム販売 2008-11-21
売り上げランキング : 4939

Amazonで詳しく見る
by G-Tools