高齢者福祉

« ブログのエントリ数 - 1500本 | メイン | 春の息吹 »

2009年04月07日

■ 「ネット利用は子ども自身の責任で」日本の親の4割 海外と意識に差

「ネット利用は子ども自身の責任で」日本の親の4割 海外と意識に差 - ITmedia News
 インターネット上で子どもを保護をするのは誰の責任か──子どものネット利用のあり方に対し、日本と海外では考え方に違いがあることが、シマンテックが4月7日に発表した調査結果で分かった。日本では「ネット利用は子ども自身の責任で」と答えたユーザーの割合が4割になり、調査した12カ国中で最多だったという。
 「オンラインで子供たちを保護するのは誰の責任だと思いますか」 昨年10~12月に実施した調査結果を「ノートン・オンライン生活リポート 2009」としてまとめた。調査は日本、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、中国、ブラジル、カナダ、インド、スウェーデン、イタリアの12カ国計9041人(17歳以上の「成人」6427人、8~17歳の「子ども」2614人)を対象に、ネットで実施した。
 「オンラインで子どもたちを保護するのは誰の責任だと思いますか」と各国の親に聞いたところ、「親」と答えたのは全体では90%だったが、日本は79%で、12カ国のうち最少。欧米各国は90%以上が「親」と答えた。
 これに対し、「子ども」と答えたユーザーは日本では40%になり、最多に。次いでインド(36%)、スウェーデン(22%)、ブラジル(21%)となっており、日本の高さが目立つ。

「子ども自身の責任で」って...ネットの安全利用に関する教育を実践している親にのみ、その言葉を吐く権限があるように思うが、どうだろう。
教育もなしに自己責任を語るのは、親業の放棄と言えるのではないかなぁ。

インターネットの危険から子どもを守る―子どもをネット被害にあわせない加害者にしないインターネットの危険から子どもを守る―子どもをネット被害にあわせない加害者にしない
中山 洋一

学事出版 2008-03
売り上げランキング : 184487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools