高齢者福祉

« 看護師の地位と盲導犬 | メイン | 解熱 »

2008年11月18日

■ 子どもが風邪で発熱

39℃近い熱が出ており、咳が止まらない。
保育園には預けられないので、仕事へ向かう嫁さんを見送り、娘とふたりきりの缶詰を開始した。
幸い、自分が2連休でよかった...

倦怠感が強いのか、普段より活気がないのは当然として、食欲もなく、水分もあまり摂りたがらない。
ウトウトと眠気に襲われるも、強い咳き込みで眠れない。
その繰り返しにイラつき、じだんだを踏みながら泣き叫ぶ。

4歳になって、ある程度は言葉で意思表示ができるようになっている。
「苦しいよぅ...」
と涙を流す娘の姿を見て、何もしてやれない自分はただ胸を痛めるのみ。

はやく良くなれ。