高齢者福祉

« WILLCOM 03 - 死んでしまったはずのLEDも(なぜか)復活 | メイン | エプソンもミニノートPCに参入 »

2008年10月21日

■ ASUS、160GバイトHDD搭載の「Eee PC 1000H-X」を発売

eeepc_1000hx.jpg

ASUS、160GバイトHDD搭載の「Eee PC 1000H-X」を発売 - ITmedia +D PC USER
 ASUSTeKは10月21日、ミニノートPC「Eee PC」の新モデル「Eee PC 1000H-X」を発表、10月25日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は5万9800円前後だ。
 Eee PC 1000H-Xは、2008年6月に台湾で販売が開始された「Eee PC 1000H」の日本向けモデルで、OSはWindows XP Home Edition(SP3)を搭載。ストレージは160GバイトHDDを内蔵する。本体サイズは266(幅)×191.2(奥行き)×28.5~38(高さ)ミリ、重量は約1.45キロと、従来モデルの“Eee PC”よりもひと回り大きなサイズとなっている。
 そのほか基本スペックは、液晶ディスプレイが1024×600ドット表示対応の10型ワイド液晶、CPUがAtom N270(1.6GHz)、メモリがDDR2 1Gバイトを装備。無線LANはIEEE802.11b/g/n(ドラフト2.0)に対応、130万画素Webカメラを内蔵する。バッテリー駆動時間は約6.9時間だ。

ディスコンとの噂があるEee PC 901-Xの後継扱いになるのはこの機種なのかな?
サイズアップ、重量アップ、SSD→HDDと、魅力が薄れる要素満載だなぁ。
はやめに900-X手に入れたほうがいいか...