高齢者福祉

« こんな時代もありましたが | メイン | イイものは、いつまでもイイ。 »

2008年05月13日

■ LAMY Safari + MOLESKINEの組み合わせ、最高かも

SANY0213.jpg

ずいぶん前に、ブログのネタを思いついたときすぐにメモできるようにとメモ帳とペンを買い揃えたが、ほとんど使うことなく自分の中で無かったことにしてしまっていた。

最近、LAMYのエントリー向け万年筆であるSafariと、世界的に有名な手帳の代名詞、MOLESKINEのプレーンを手に入れ、それなりに使っている。

Safariの書き心地はなかなかのもので、3000円かそこらで手に入る筆記用具としては極上のフィーリングであると思う。タイトルどおりMOLESKINEの上質な用紙に書き込んだときはもちろんだが、このペン先の爽快感がロディアのような安めのメモに書くときもほとんど変わらないのが素晴らしい。

MOLESKINEは、リフィル交換できない手帳としては無駄とも思える豪華な仕上げ(革張り。すべてのページを使い切ったらそれでおしまいなのに...)は所有する悦びを大いに満たしてくれる。

今回この組み合わせでメモの習慣が長続きしているのは、「書くことが楽しくなる」感覚が味わえているからだと思う。
前回は書いていても何も楽しくなかった。
それが最大の、そして唯一の違いだろうと実感している。
最近では、ブログのネタ書き以外にもプライベートな生活備忘録や、お絵かきにも使っている。

両者を揃えて、5000円でお釣りがくる程度。
お気軽メモにこの金額を支払う価値があるかどうか、もう少し使ってから考えてみることにしよう。

B000UTMMIOLAMY(ラミー) サファリ ブラック万年筆 L17 [極細 EF]

LAMY
売り上げランキング : 6688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
8883701038Moleskine Plain Notebook

Moleskine 2008-01
売り上げランキング : 369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools