高齢者福祉

« デイ・アフター・トゥモロー | メイン | CorePlayerが1.1.3にバージョンアップしている »

2008年01月25日

■ GUNDAM TACTICS ONLINEが正式サービスを開始している

gto001.jpg

Gundam Network Operation(GNO)をプレイし始めたのが、2002年11月。
かれこれ5年以上プレイしているわけだが、すでに日課のようになってしまっていて、ゲームとしての面白さとか、そういうことを超越してしまっている。
このゲーム、さほどマシンパワーを必要としないのが大きなメリットで、Pentium!!! 600MHzのThinkPad i1620でもそこそこプレイできているところがすばらしい。

しかしまぁ、やっぱりゲームはゲームなので、楽しくなければ意味がない...とも感じている。
他に興味をかきたてられるゲームもなく...と思っていたらこれ。

GUNDAM TACTICS ONLINE(GTO)は、1月24日から正式サービスを開始した模様。
クライアントソフトは無料ダウンロード、月額プレイ料金は1050円(税込み)。
1月いっぱいは無料プレイ可能らしい。

情報収集もしていなかったのだが、こんなオンラインゲームのベータテストされていたのね。
ターン制でない、リアルタイムの戦術シミュレーションゲームか...GNOに近いスタンスのゲームだ。

大きな違いは、強力なマシンパワーを必要とする3Dモデルのグラフィック。
ゲームの性質上、モビルスーツを自分で操作するわけでもないのに3Dグラフィックが必要なのか?
という気がしないでもないが、そういう性能のPCを持っているなら、もちろんゲーム画面は綺麗なほうがいいわけで。

新調したばかりのEndeavor NJ5100Proのグラフィックチップは、ATI Mobility Radeon™ HD2600 512MB。
ちょうどいい、実力試しのつもりで、公式ページからベンチマークソフトをダウンロード。サクッと走らせて見る。

...結果は「Poor」だって...このマシンで、GTOを最高画質でプレイするのは難しいらしい。
もちろん、2Dモードやエフェクトを切りまくった3Dモードでのプレイは快適。

うーむ、どうすっかな...
試しにどんな感じかプレイしてみようか...