高齢者福祉

« 東京マルイ グロック17にシューターズデザイン製マガジンベースを取り付ける | メイン | MS、プレゼン機能付きレーザーマウスの販売を再開 »

2008年01月06日

■ メインマシンの後釜を選定中...

先日動作不能となったメインマシン、NEC LaVie RXはスリムタイプのA4ノートで、PentiumM 1.5GHz、768MBメモリ、80GB HDD、SXGA+(1400x1050)ディスプレイという構成だった。
これを踏まえて、新マシンを選定するにあたり、いくつかの譲りたくない条件があるので書いておく。

■ 画面解像度
LaVieRXの解像度と同じかそれ以上の解像度が欲しい。これが第一条件であり、何があっても外せない。ディスプレイサイズは正直言ってどうでもいいが、小さすぎると文字が読みにくくなるので、14インチ以上が現実的だと思われる。

■ 前モデルより多少なりとも高速化されているマシンスペック
LaVieRXを3年前に購入したので、CPU、メモリ、HDDともにスペックが下回る事はないと思うが...予算の許す限り高速&大容量な構成のものがいい(...なんて当たり前の希望だろう...)

■ 変則配列や省略の少ないフルサイズキーボード
この条件はThinkpad使用時代から変わらない。キーボードの感触としては、ストロークが長く、クリック感の強いものが好み。

■ 店頭展示されていて、実際に触れて体験できること
正直言って、この条件を加えると大手PCメーカーの製品しか残らないので、場合によっては現物を触ることなく通販で購入するかも...

これらの条件を満たすマシンとして、一例を挙げると以下のようなものなどが浮上する。

B000RWSLZ2ソニー(VAIO) VAIO typeBX BX4 Vista Business Office2007 VGN-BX4KANB

ソニー
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うーん、バイオかぁ...
(↑理由はないがどうも納得できない)

もっと探してみる。