高齢者福祉

« “やる気”のくじき方入門 | メイン | 反動が激しすぎてすごいことになっている拳銃 »

2007年11月14日

■ ThinkPadのキーボードが打ちやすい理由――大和のエンジニアかく語りき

ThinkPadのキーボードが打ちやすい理由――大和のエンジニアかく語りき - ITmedia +D PC USER
 レノボ・ジャパンは11月13日、報道関係者向けに大和研究所のエンジニアによる技術説明会を実施した。「ThinkPadキーボード設計の取り組みについて」をテーマに掲げ、同社ノートブック開発研究所 サブシステム技術 機構設計 テクニカルマスターの堀内光雄副部長がキーボード設計におけるこだわりを語った。

はっきり言ってレノボに買収された後のIBMブランドには興味が失せていた。
現在メインで使っているノートPCは2004年製だから、いい加減買い替えも検討しなければならない時期だけど、こういう記事を読むとThinkPadも選択肢に入れたくなってしまうなぁ。

打ちやすいキーボード、そのスペック表には現れない部分に情熱を注ぐエンジニアの皆さんの熱意に脱帽。