高齢者福祉

« 羊たちの沈黙 | メイン | 携帯サイト向け「Google AdSense」、10月に登場 »

2007年09月17日

■ 「国際キログラム原器」が謎の減量50マイクログラム

「国際キログラム原器」が謎の減量50マイクログラム - CNN.co.jp
パリ──フランス・パリ郊外のセーブルにある国際度量衡局で、厳重に管理・保管されている1キログラムの標準器「国際キログラム原器」が、50マイクログラム(μg)軽くなっていることが判明した。同時に作られた複製品には変化がなく、質量が変化した原因も見当が付かず、研究者らが困惑している。

世の中には変わるものもある、そして変わらないものも...

という名言を残したのはモーフィアスだが、絶対に変わってはいけないものが変わってしまったというニュース。
世の中のあらゆる現象・事象に影響を与える質量の基準が変化してしまうとは...これからどうするんだろう。