高齢者福祉

« ランド・オブ・ザ・デッド | メイン | 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? »

2007年07月16日

■ 中越沖地震の話題。

新潟県在住なので、今回もまた経験してしまった。
ただし、住んでいるのは中越地方ではなかったので、倒壊や怪我に見舞われることもなく、激しい横揺れを感じるだけで済んだ。

本震のその瞬間、わが一家は新潟県の定番温泉街、月岡温泉郷にいた。
前日から旅館に宿泊し、チェックアウトした直後、ロビーでグラグラッ...
騒然となるロビー。
従業員の動きが慌ただしくなった。

宿泊客はそれぞれ携帯電話を片手に連絡を取ろうと試みるが、地震直後からほとんど接続不能の状態。
まぁ、このようなネットワーク障害(制限?)は災害時にはいつものことなので驚きもしなかったが、むしろ驚いたのがWILLCOMの接続性の良さ
安否を確認したかった親戚へ一発で接続。すんなり通話でき、必要な連絡はあっという間に終了。

セカンド端末として、持っていてよかったと思える瞬間だ。