高齢者福祉

« バニラ・スカイ | メイン | Mugen Power バッテリ W-ZERO3 [es]を注文した »

2007年03月08日

■ 「カバンの中身」が規格外処分セールをやっている

地元にLoftができ、何度か足を運んだ。
目を引くのはステーショナリーや、バッグのコーナー。
最近、通勤用バッグの中が散乱して、何とかしたいと思っているからだ。

普段通勤に使っているPC対応ブリーフケースには、ThinkPad i1620とACアダプタ、マウス、その他の細かい周辺機器をはじめ、W-ZERO3[es]、CLIE PEG-NX70Vなどのデジタルガジェット群と、ペーパーレス化が一向に進まない我が職場を象徴するような無数の書類とそれを収納しているファイル、フォルダがいくつか。それと新書本が数冊、社内新聞など、とにかくカバンがスシ詰め状態だ。

で、もう少し機能的で収納力のあるバッグを物色しているのだが、実は店頭で一番気になった商品は「カバンの中身」だったりする。
これがあればカバンを変えても中身の収納に頭を悩ますこともないなぁ...などとしばし購入を考えたが、意外と高価(欲しいタイプの価格は5000~6000円もする。貧乏性なので、これ位でも高いと感じてしまう...)で踏ん切りが付かないでいた。

で、ネットを散策すると公式ウェブサイト処分セールをやっていた。

kabann_no_nakami.gif

■商品について
本品は中国の提携工場にて、この様な曲がりやツレなどの縫製に問題のある商品が量産されてしまいました。
本来であれば、受け入れをキャンセルできる約束外の状態なのですが、これをキャンセルしますと、彼らの処分した商品がニセモノとして出回る事につながってしまいます。
そこで当社は、問題のある商品を全量引取り、自らの手でお客様への訳ありご奉仕品として、販売させて頂く事にしました。
従いまして、お値段は原価を無視した安価なお値段です。縫製に少々の問題はありますが、基本的な機能としては充分使用できるものですので、お使い物には不向きですが、日常のご自身のご使用には好適ではないでしょうか。この機会にご検討いただけますと幸いでございます。

とまぁ、内部の事情まで公式ページで説明くださっているのは客としても気持ちがいい。
価格は、正規のものとは比べ物にならない破格値が付いている。
規格外の理由もサイトでは説明されていて、多くの処分品は通常利用には問題がなさそうな感じ。

これは、複数購入してしまいそうな予感...