高齢者福祉

« ラストサムライ | メイン | W-ZERO3〈es〉裏活用ハンドブック »

2006年12月05日

■ 無線LAN共有サービスの「FON」が日本上陸--ルータの無償配布も

無線LAN共有サービスの「FON」が日本上陸--ルータの無償配布も - CNET Japan
 英FON WIRELESS Limitedの子会社であるフォン・ジャパンは、12月5日より国内で「FON」のサービスを開始することを発表した。
 FON WIRELESSは2005年11月にスペインで設立されたベンチャー企業だ。SkypeやGoogle、Index Venture、Sequoia Capitalらが出資をしている。同社が進めるFONプロジェクトは、同社が提供する無線ルータ「LaFonera」を自分の利用する回線に接続することで、ほかのユーザーが利用できるアクセスポイントを開設できるという無線LANの共有サービスだ。

構想は大変魅力的。
このサービスが普及すれば、格安で、いや無料で高速モバイル通信網が構築されることになる。
こういったサービスは性善説に基づいているので、ユーザーがアクセスポイントを悪用しないことが前提になるわけだが、どうなることやら。
とはいってもセキュリティを考えないわけにはいかないので、サービス提供会社であるFONがどのようにサービスを展開していくのか、非常に興味深い。

FONのサービスは無料の無線LAN共有だけではない。

 FONではユーザーを3種類に区分している。1つ目はルータを購入して自宅に設置し、アクセスポイントを無料で開放するかわりに、他のユーザーが解放しているアクセスポイントを自由に利用できる「Linus(ライナス)」。2つ目は、ルータを購入し自宅に設置し、アクセスポイントを有料で開放するかわりに、ほかのアクセスポイントの利用が有料の「Bill(ビル)」。3つ目は、ルータを購入してアクセスエリアを開放するのではなく、有料でアクセスエリアを利用する「Aliens(エイリアン)」だ。

ということで、ニーズに合わせたサービス内容をユーザーが選択できるのもおもしろい。
今後に期待。

関連記事:
無線LAN共有の「FON」始動 ツクモやエキサイトと提携 - ITmedia News

モダシンさんがFONのイベントに参加してルーターをゲット、さっそく分解して写真を公開している。
すごい。

FONの無線LANアクセスポイント - Modern Syntax