高齢者福祉

« モダシンさんの影響を受けて鯖寿司を食べる | メイン | 娘の誕生会 - まひる2歳 »

2006年10月09日

■ Mobile2.0 ポストWeb2.0時代のケータイビジネス

全編を通して、言わんとしていることは何となくわかる。
しかし、「ポストWeb2.0」なんていう大風呂敷を広げたわりには日本の閉鎖されたケータイビジネスの短期予想に終始しているように感じて、面白さ、目新しさを感じられない。
さらに、読了後に強烈に感じる「で、Mobile2.0って結局なに?」という疑問がフラストレーションをかきたてる。

なにより、著者が「Mobile2.0」っていう単語を流行らせたがっているように感じて萎えてしまう。
2000円近くする書籍の内容じゃないなぁ。この内容なら、新書でも良かったのでは?

4844322958Mobile2.0 ポストWeb2.0時代のケータイビジネス
宮澤 弦 椎葉 宏 片岡 俊行

インプレスジャパン 2006-08-31
売り上げランキング : 865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Web2.0に関する書籍が出まくって、業界がネタ切れでも起こしてるの?
などと穿った見方をしてしまう。
何でもかんでも「2.0」って付ければいいってもんじゃないでしょ。

もう一度言うが、この内容は新書のほうがよかった。