高齢者福祉

« グーグル、「ググる」の使用に難色 | メイン | Google版「Word」のWritelyが一般公開 »

2006年08月18日

■ 文系のための「Web2.0」入門

タイトルに偽りあり
どこが「文系のため」の「入門」なのか、だれか簡潔に説明していただきたい。
しいて言えば、重要な英字のキーワードに括弧で簡単な解説がしてある程度で、web2.0について何もわからない文系を自負する人が読んでも、やっぱり何もわからないで読了しそうな書き方だと感じる。

web2.0の先を見通した内容は刺激的で面白いが、なにしろタイトルで騙される人が多いんじゃないかと心配になる。

4413041526文系のための「Web2.0」入門
小川 浩

青春出版社 2006-08
売り上げランキング : 16553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに、自分の職場の同僚にこの本をめくってもらったところ、

私、この本を読むのに、わからない単語の解説書が要りそうです...

と言われた。
うん、やっぱりね。