高齢者福祉

« SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える! | メイン | 「アダルトオンリー」SNS、米で開始 »

2006年07月29日

■ さようなら青春の思い出。

新潟は今日も雨。
モノで溢れかえる狭いアパート暮らしでは、整理整頓が何より重要。
...だが、片付けは主に嫁さんがやっている。
わしゃ基本的にズボラなもんで。

で、数カ月ぶりに押入れを整理していたら我が青春の思い出であるお宝が多数発掘された。
10代の頃大好きだったアーティストの音楽ビデオ(もちろんVHS)。
恥ずかしいので詳しい内容は割愛。
そして悲しいことに、これら青春の思い出は真っ黒なカビに包まれていた
そりゃもう清々しいくらいにびっしりと。

ダンボールに入れたまま3年も開けてないんだから、これはいらないんだよ。
どっちにしろカビで使えないんだから、捨てるよっ。

と、こういう部分は妙に男らしい嫁さんは、我が青春の思い出を躊躇いもなくゴミ袋に放り込み始めた。
あぁ、我が青春の思い出たちがゴミに変わっていく

こうして人生は、本人の意思とは無関係に前進していくのだと感傷的になる。
さようなら、青春の思い出。