高齢者福祉

« iSpin - WindowsライクなLauncher | メイン | 通信環境を検討中... »

2005年11月12日

■ Mini's patch for WiFiで他社製CF無線LANカードを使う

miniswifi.gif
ミニーの資料室において、Mini's patch for WiFi V1.00がリリースされたのは2005年10月31日のこと。
CLIE NXユーザーのcomWeeとしては、他の多くのNXユーザー同様、狂喜乱舞したくなるビッグニュースだった。

SONY PEGA-WL110しか使えなかったCLIEシリーズに、他社製のCF型無線LANカードが使えるというのは、画期的としか言いようがない偉業であり、2年という長い歳月をかけて解析を続けたミニーさんには、足を向けて寝られない思いだ。

しかしここで問題が。
このパッチを利用して使用可能になるカードは、純正品WL110と同じPRISM2.5を搭載したカードのみ。
ところがこの種のカード、現在市場でほとんど出回っていないのだ。
ネット通販をを探してみても、該当するチップを搭載するカードを取り扱っているショップは見つからない。
近所の中古パーツを取り扱うショップに通いつめて2週間。
...ついに、出物をゲットできた!

手に入れたカードは、ADTECの「ADLINK345CF」というカード(ASAHIパソコンNEWS / ケータイWatch)。
付属品なし、本体のみの販売で中古品だったが、このカードがPRISM2.5搭載なのは調査済みだったので即購入。購入価格2350円(税込)。
すでに改変ドライバをインストール済みのNX70Vに挿すと...何事もなくネットワークに接続完了。
あまりのあっけなさに、感動の波が遅れてやって来てしまう程だった(笑)

これで、外出先ではWILLCOM回線、自宅では無線LANと、ネットワークを使い分けることができ、さらにCLIEの活躍の場が広がりそうだ。

素晴らしいソフトウェアを開発してくださる作者様に感謝♪